リジナルキャラクター

 

ゆき&のは

 

ゆき(左)
性別 女の子
性格 元気・しっかり者
趣味 おしゃべり・ショッピング
好物 りんご
一人称 あたし
二人称 あなた
言動 「へーき!へーき!」が口癖

 

のは(右)
性別 女の子
性格 おっとり・臆病
趣味 天体観測・お菓子作り
好物 ビスケット・バナナ
一人称 ボク
二人称 きみ
言動 語尾が「~なの。」

人の関係と概要

2匹は幼馴染の大親友。
まいるど*らびっつの看板ウサギとして
初期からHPや売り場を盛り上げてくれている
小さなサークルメンバー。
相互の呼称は呼び捨て。

ント

 

ント
性格 楽天家でマイペース。
趣味 人助け(でもお節介)
好物 チョコレート いちご
一人称 ミント
二人称 キミ、呼び捨て
言動 「ミントだよー!!」
MEMO
助けを求める魂を救う為に生まれた天使。
魔法を使うことができるが
いつも失敗して、とんでもない事になる。
遊ぶ事、食べる事が大好き!!

スカル

 

スカル
性別 女の子
性格 クールに振舞っているが、ヤキモチ焼きな面も少々。
趣味 散歩
好物 パパイヤ
一人称 なし
二人称 なし
言動 「・・・・・・。」
MEMO
何を考えているか分からない謎多き少女。
誰も彼女の声を聞いたことがない。
深く広大なとある森で、主として仲間達と暮らしている。

ムネ

 

ムネ
性別 男の子
性格 明るく元気。実は寂しがり。アホの子
趣味 ドラゴンのウロコ集め
好物 ラムネ、ソーダ、甘いお菓子
一人称 オレ
二人称 キミ、おまえ、呼び捨てなど
言動 「オレ、ラムネ。よろしくね!」
「立派なドラゴンになるんだ!」
「なになに?おもしろそー!」

MEMO
ドラゴンの血を引くうさぎの男の子。
立派なドラゴンになるため、日々頑張っている。
羽はあるが飛ぶのは上手くなく、跳ぶのが得意。
一応、火も吐けるが弱い。

ンペスト

 

ンペスト
性別 男の子
性格 勇敢で冷静。無愛想だけど根は優しい。
趣味 無し。好きな事は日向ぼっこ
好物 森の綺麗な水
一人称 オレ
二人称 お前、テメェ、呼び捨てなど
言動 「ったく。騒がしいな…。」
「…たまには、こういうのも悪くないもんだな。」

<MEMO>
龍の神様が創った森に住む白銀の妖狼。
性格上他人にも自分にも厳しいため誤解されやすいが
仲間をとても大切に想っている。

ロン

 

ロン
性別 男の子
性格 のんびり、ふわふわ
趣味 お昼寝
好物 栗
一人称 マロン
二人称 呼び捨て
言動 「マロン、眠い…」
「ぎゅーってして!」
MEMO
うさぎのぬいぐるみの男の子。
ミントに出会い、神様から命を授かる。
チャポンとハノンのお兄ちゃんで、大の仲良し兄妹。
3匹でまいらびを盛り上げるよ!

ャポン

 

ャポン
性別 女の子
性格 明るく元気、甘えん坊
趣味 リボン集め
好物 パンプキンパイ
一人称 チャポン
二人称 あなた、呼び捨て
言動 「チャポンは元気だよ!」
「ねぇねぇ、遊んで!」
MEMO
うさぎのぬいぐるみ三兄弟の真ん中の女の子。おませさん。
マロンとハノンに抱きつくのが大好き。

ノン

 

ノン
性別 男の子
性格 純粋無垢でマイペース
趣味 観察
好物 イチゴミルク
一人称 ハノン
二人称 きみ、呼び捨て
兄姉には「にいちゃ」「ねえちゃ」
言動 「……♪(耳をパタパタさせている)」
「……?(空をじっと見つめている)」
「…ハノン、きみ、すき!」
MEMO
生命を授かり転生したうさぎのぬいぐるみ。
ほぼ喋らず、身振り手振りなどで意志疎通をはかる。
「喜」と「楽」以外の感情はほとんど見せない。
首には兄姉とお揃いの金の紐を付けている。

尾&

 

尾(クオ)
性別 不詳(オス寄り)
性格 気まぐれ、唯我独尊
趣味 化かすこと
好物 肉、稲荷寿司
一人称 オレ、オレ様
二人称 キサマ、呼び捨て
言動 「ククク、このオレ様に恐れ慄くが良い。」

MEMO
美しい尾と恐ろしい妖力を持つ大きな九尾の狐。
ひたすら偉そうな性格だが一応は善狐らしい。
ひょんなことから、うさぎの「もち」の育ての親になってしまう。
本人(狐)いわく、「いつかは食べてやる!」と思っているらしいが
愛着なのか、いつまで経っても実行できない日々が続いている。

ちなみに「クオ」と言う名は偽名で、本当の名前は誰も知らない。

 


性別 メス
性格 マイペース
趣味 お昼寝
好物 クオ、イチゴ、パイナップル
一人称 ??
二人称 ??
言動 「・・・♪」

MEMO
もっちりもふもふの白い兎。
産まれて初めて見たのがクオで、
以来、すっかり懐いてしまった様子。
クオと食べ物の前でしか口を開かないし、表情もほぼ変わらない。

ちなみに「もち」と言う名はクオが付けた。
(理由は「もちもちしてて美味そうだったから」らしい)